FX取引とは何か?

FX取引は オープンで国際的な市場で通貨を取引することです。しばしばリテールトレーダーとして知られるFXトレーダーは通貨の価値に投機を行います。もし通貨価値が二つ目の通貨に対して上がると思えば買い、下がると思えば売ります。

市場で取引をする際に、FXトレーダーは最初にトレードする量、投機を行う通貨、そして取引をオープンにしておく大体の時間軸を決めます。このリクエストはブローカーと呼ばれる第三者によって市場に送られます。

FXブローカーの例

FX市場はオープンな市場で、世界最大の金融市場です。正規の資格を持つ金融機関は顧客の代わりにポジションを開いたり決済したりすることが出来ます。しかし他にも多くのプレイヤーが通貨取引に参加しています。

FX市場の動きは小さいですが、税率引き上げや金利上昇のような経済ニュースが通貨価値をより大きな影響を与えることがあります。FXトレーダーが市場で利益を得るのは、変動と変化がある市場でだけです。その為トレーダーは利益を得る為に常に主要なニュースは前もって理解しています。

FXブローカー は市場の中で小さな額を取引しているリテールトレーダーを代表しています。金額として最大のものは銀行による投資です。銀行は継続的に投資を行ており、市場において独自の変動を作り出しています。そしてそれらの変動の全てから小さなFXトレーダーが利益を得ることが出来ます。

FX取引をどのように学ぶか?

FX取引を始める方法は一つではありません。トレーダーには二つのタイプがあります。そして私が思うに、誰もが両方の方向に興味があるのではないかと思います。

トレーダーの一群はニュースをとても好み、ニュースイベントがどのように世界経済と通貨価値に影響を与えるのかを本当に理解しています。これらのニュースを読む人達はファンダメンタル分析が得意で、とても効率的なトレーダーでスキャルパーです。

もう一つのトレーダーの一群は数学と数字に興味がある数学者です。テクニカルトレーダーはほぼ全て市場データとトレンドに基づいて取引を行っています。そして非常に複雑な戦略を好み、それらを実行するには集中が必要です。

これらの取引戦略は完全に別のものというわけではなく、その為に各トレーダーはファンダメンタルとテクニカルトレードついて、それぞれ少しは理解している必要があります。しかし詳細はまた後程説明します

FX取引の利益は儲かるのか?

FX市場における通貨価値の変動は、株式市場等の他の金融市場と比べるととても小さなものです。その為、もしあなたが一度に数億円を投資する銀行でもない限り、かけた時間とリスクに見合うだけの十分な利益を得ることはできません。その為にリテールトレーダーはレバレッジを呼ばれるものを使います。

レバレッジは取引の利益を増幅する為にトレーダーによって利用されます。通常は第三者の流動性提供者が、通貨的な資金をあなたに貸しつけ、あなたがより大きいポジションを取れるようにするのです。レバレッジを利用したら、あなたはあなたが利用するレバレッジの量による、あなたの口座上の全ての損失を負担する必要があります。つまり、レバレッジはあなたのとるリスクを大きくするのです。

しかしレバレッジを使うことで、トレーダーはFX取引を、勝ちが負けより多い限りにおいて、非常に収益性の高いものにすることが出来ます。仕事を辞めてデイトレーダーになることが出来る程のトレーダーはとても限られています。しかし毎年一日分の休日に使う程のお金を稼ぐトレーダーは十分に多くいます。

FX取引のリスク

FX市場の特徴は、変動があり、それが予告なしに起きるというということです。市場はどの方向にも動き、考えたことのない方向にも動き得ます。市場に与える要素はたくさんあり、多くの大銀行は彼らが市場を動かす程の資本を持ち、利益を得ています。

もしFX取引を考えているのなら、本来的に投機的であるCFD的な商品の取引には大きなリスクがあるということを知っている必要があります。一般的なルールとして損失が認められない資金で取引するべきではありません。二つ目のルールとして、あなたの取引で損失を被ることを予期しておくべきだということです。健康的な勝敗率を維持し、資本の2%以上の資金を一度の取引に投入してはいけません。

FX取引において、あなたは取るリスク量を減らすことができますが、完全になくすことは出来ません。損失を予期し、利益を予期し、驚かされることを予期してください。

下降VS上昇トレンド

FX取引の主な原則の一つは、トレンドに沿って取引をするということです。もし市場が一定の方向に動きているときは、そのトレンドが何かが起こるまで続くと想定するのは合理的なことです。他の人が市場について語る時、あなたは2つの主要な市場トレンドについて耳にするでしょう。それは下降トレンドと上昇トレンドです。

下降トレンド

下降トレンドは優勢的なトレンドが下方に進むものです。全体的のトレンドに反対の上方への動きがあったとしても、全体的には下がっていく必要があります。

上昇トレンド

上方トレンドは、小さな動きが上方に進む全体トレンドの逆に向かうとしても、優勢的なトレンドとしては上方に進むものです。

買いと売り

FXトレーダーが通貨投機を行い、ポジションを開く時、彼らが信じる市場の今後の動きに応じた動作を行います。トレーダーが買いをするか売りをするかによって、上昇市場においても下降市場においても、取引は利益を出すことが出来ます。

トレーダーが通貨ペアの価値が上がると信じた場合には買い取引を行います。トレーダーが市場は上昇市場だと信じます。この場合トレーダーは通貨ペアの一つ目の通貨を買っています。

売り取引は異なります。ここでは反対に、通貨ペアの価値が下がることに賭けます。この場合、トレーダーは通貨ペアの二つ目の通貨を買っています。そして一つ目の通貨の価値が下がると、トレーダーは利益を得ます。

FX通貨ペア

通貨は常にペアで取引されます。これは通貨の価値は相対的にのみ変化するからです。そしてFX取引を行う際、私達はペアの片方の通貨を買ったり売ったりしています。

標準化をして簡潔にする為に、全ての通貨は3文字のコードで表されます。最初の2文字はその国を表し、3文字目は通貨を表します。

例えば、USDは米国ドルを表し、日本・円はJPYと表記されます。

 

下記は、米国ドルと日本円を含むペアの例です。これがあなたの取引プラットフォームに表示されます。

主要通貨ペア、マイナー通貨ペア、珍しい通貨ペア

通貨ペアは3つのカテゴリに分類されます。それは主要通貨ペア、マイナー通貨ペア、珍しい通貨ペアです。どの通貨ペアを取引し、どの通貨を避けるべきかの詳細は、ここから私達の記事をご覧ください。

 

主要ペア

これらは7つの通貨ペアでUSDともう一つの主要通貨との組み合わせです。

  • USD/GBP
  • USD/EUR
  • USD/JPY
  • AUD/USD
  • USD/CAD
  • NZD/USD
  • USD/CHF

マイナーペア

これらはUSDを含まないですが、主要経済体の2つの通貨を含むペアです。これは例えば以下です。

  • EUR/GBP
  • GBP/JPY
  • CHF/CAD

珍しいペア

これらは片方の通貨が先進国通貨で、もう片方の通貨が新興国通貨のペアです。これらのペアはあまりよく取引されていないので、流動性が低く、取引の際にはスリッページがあり、非常に大きなスプレッドがあることを想定しておいてください。これは例えば以下のペアです。

  • USD/MYR
  • GBP/ZAR
  • AUD/THB

 

PIPS とスプレッド

通貨価値の変動の最小単位を1pipと呼びます。下の例では、USD/EURペアの現在の価値は0.8106です。

1pipは小数点以下第4桁の動きです。もしこのペアの価値が0.8107に増えたとしたら、これは1pipの増加となり、0.8105に下落したとしたら、これは1pipの減少です。

通貨価値の脇にある赤字の数字は一日の変化です。今日これまでにUSD/EURペアは15pip下がったことが見て取れます。

ロットと取引単位

取引を実行する際、あなたが選ぶ必要があるのは通貨ペアだけではありません。取引のサイズも選ぶ必要があります。これが取引単位で、ロット数で表されます。標準ロットは取引単位としては最大のもので、これは小さな単位に分解することとも出来ます。それは以下の通りです。

  • ミニロット – 標準ロットの10%のサイズ
  • マイクロロット – ミニロットの10%で標準ロットの 1%
  • ナノロット– マイクロロットの10%で、標準ロットの0.1%

もしあなたが非常に小さな資金で口座を開こうとする場合、マイクロかナノロットの取引でしょう。ミニロットと標準ロットはより多くの投資資金が必要です。

FX取引分析

前の部で、トレーダーには異なるタイプがあると述べました。ニュースイベントで取引することを好むトレーダーもいれば、金融データのインディケータを観察することを好むトレーダーもいます。全てのトレーダーはこれから来る取引機会を見つける為に分析を行う必要があります。取引をしていくにつれ、あなたは自分がどのようなトレーダーなのか分かってくるでしょう。ここにはこれらのトレーダーがどのように分析を行、何を見つけるのかの短い事例があります。

ファンダメンタル分析: ファンダメンタル分析を行うトレーダーは一つの通貨か通貨ペアに影響を与える主なニュースイベントを探します。

事例:  その日の日中に米国政府は住宅価格指標と呼ばれる報告を発表します。住宅は米国経済の重要な要素で、住宅価格指標が増加すると、それはトレーダーの間で強気の雰囲気になります。指標が下落すると、弱気の雰囲気になります。

ファンダメンタルトレーダーとして、あなたは報告発表の前に分析を終わらせ、ニュース発表の時にはポジションを開いており、そのイベントが生み出す変動から利益を得るでしょう。

テクニカル分析:テクニカル分析を行うトレーダーは指標や取引ツールを用いて、チャート分析に時間を用います。

事例:  あるトレーダーが二つの時間軸の移動平均指標を観察しています。長期的な指標が短期的な指標の下に割り込んだら、これは市場がモーメンタムを失い、逆の方向に進むシグナルかもしれません。持っているポジションによりますが、これは売りか買いを行う動機となります。

センチメント分析:  この分析を行うトレーダーは上記二つに比べて稀です。なぜならばセンチメント分析は難しく、しばしば誤解されているからです。

事例 世界中の投資家たちが取引している特定のペアについてどのように感じているかの全体観を、投資家が把握する為のツールがあります。これらの指標の特定のパターンや動きは市場に何が起きるかについての結論を伝えてくれます。そしてそれに基づいて取引をすることで利益を出せる可能性があります。

センチメント分析については、始めるためのよい例が本当にありません。その為、今のところは一旦置いておいて、後でまた別の文章で触れることにします。

ブローカーとそのタイプ

全てのFXブローカーは同じではありません。FXブローカーの運営方法にはいくつかの異なるビジネスモデルがあります。ブローカーの中には自分の顧客に相対して取引を行い、顧客が求める流動性を即時提供するブローカーもあります。しかしこの方法では、ブローカーが取引の相手方となります。ここにいくつか短い説明がありますが、詳細についてはこちらをお読みください。

マーケットメーカーまたはディーリングデスク:  これらのブローカーはあなたの取引の相手方となります。これらのブローカーの特徴は高い最低デポジットと広いスプレッドです。

ノンディーリングデスクこのノンディーリングデスクに類型されるブローカーには2つの異なるタイプがあります。ECNブローカーとECN/STPブローカーです。

ECNブローカーはインターバンク市場への直接的なリンクを提供し、つまりブローカーは取引に関与しません。ブローカーには利益相反がありませんが、流動性が不足しているときにはトレーダーはスリッページを想定していないとなりません。

ECN/STPブローカーもレートを直接インターバンク市場から得ています。しかしこのタイプの場合、もし流動性が不足している時には、ブローカーはディーリングデスク・取引相手方となりトレーダーに流動性を提供することができます。つまりブローカーとの利益相反が起きることはあり得ますが、純粋なディーリング・デスク・ブローカー程ではありません。

最初の取引をどのように始めるか?

ここまででFXが何か、そしてFX市場がどのような仕組みになっているかが分かりました。次にどのように最初の取引を始めるか考えてみましょう。

. 取引を行う通貨ペアを選ぶ

例: EUR/GBRを取引してみましょう。なぜなら私達は英国首相が欧州政府とブレクジットの条件の議論の為に面会した後に、EURの価値がポンドに対して上がると信じるからです。噂では、欧州は英国の提案を気に入らないようなので、私達はこの変動で取引をしたいと思います。

2. 投資額を選択する

先ほどの例を続けましょう。私達は150EURをこの取引に投資し、1:100のレバレッジを使うことにしました。これはつまり、私達の150EURを使って15,000EUROの投資を買ったことになります。(投資資本×レバレッジで計算しています)

3. あなたが信じる市場が動く方向を決める

ステップ1で議論したように、私達はEURがGBPに対してより価値が高くなると信じます。その為にいつGBPの価値が下がるか分かった上でEURを買います。また取引開始時よりもおおくのGBPを手に入れた時に決済することにします。

4. その時だと感じたら取引を決済する

私達が取引を始めた時のEUR/GBPレートは0.8750で、私達はユーロがGBPに対して上昇すると予測しました。レートが0.8900の時に取引を決済しました。これは0.015(もしくは15pips)の変化であす。私達の元々の投資額15,000EURの0.015分として、225EURが利益になりました結論

FX取引は通貨ペアの取引で、トレーダーはその資産を所有せず、むしろ将来の通貨価値に対する投機を行っています。FX取引が投機的なので、そこにはどのようなCFD取引がリスクのあるビジネスであるように、リスクがあります。FXトレーダーも常に彼らが取るリスクのコントロールに取りくんでいます。そして勝敗率が高ければ高い程、FXトレーダーの利益は大きくなります。

X