トレーダーであるいうことは、取引計画を持っているこということです。計画はあなたが取引の設定、モニターするときに役に立ちます。また計画は取引のエントリーと決済の際に役に立ちます、それに取引に一貫性を持たせ、取引機会の捕捉能力を高めます。取引計画を作ることは、あなたがどのようなトレーダーで、どのような取引をするべきで、一日のどのような時間に取引をするかについて考える機会を与えてくれます。そしてそのような点を総合することがあなたが取引の最初に立てた目標に達成することに役に立つのです。

もしあなたがプロトレーダーになろうと考えているのならば、取引計画を作ることは市場に足を踏み入れる前に最初に行うべきことです。

あなたはどのようなトレーダーですか?

取引計画の2つ目の要素はどのようなトレーダーになろうとしているかということです。

  • スキャルパー– スキャルパーは非常に短い期間のみポジションを持ちます
  • デイトレーダー– 全てのポジションはその日の終わりに決済します。翌日に持ち越すポジションはなく、それぞれの日を異なる取引日と考えます。
  • スイングトレーダー– ポジションを一度に何日も持ちます。中期的にポジションを持ち、市場の一般的な振れから利益を得ます。
  • ポジショントレーダー– このトレーダーは全てのトレーダーの中で最も長い期間ポジションを持ちます。一度投資が行われたら、そのポジションは数か月か、数年の間継続します。

それぞれのトレーダーのタイプが異なることが分かったでしょう。それぞれ目標、リスク回避、時間的コミットメントが異なります。これらトレーダーのそれぞれが市場で取引をしますが、その一番の違いは、彼らがポジションをオープンにしている期間にあります。

夫々のトレーダーはどのように取引するのか?

スキャルパー:  このトレーダーはスキャルピングをもっぱら行います。これはリスクも高いですが、収益性も高い取引方法で、本当に経験を積んだトレーディングエキスパート向けのものです。一日中積極的に取引を行い、トレーダーは常にチャートをモニターして、取引決済のタイミングを探します。非常にペースの速い取引で、常に多くの小さな取引をオープンし、決済します。もしあなたが市場の開始時に取引を行うならば、これはとてもいい方法でしょう。

このタイプの取引はストレスに弱いトレーダーや、日中に注力すべき仕事があってチャートを見ることに使う時間がないトレーダーには恐らく最適の方法ではないでしょう。

デイトレーダー:  この取引はスキャルピングよりは少しだけリスクが少ない方法です。また、一日の終わりに勝敗を見たい人の為の取引方法です。これもFX取引の初心者向けの方法ではありませんし、仕事中に取引に関わりたくないトレーダー向けの方法ではありません。この方法は週の毎日は取引できないが一日はフルに取引に使えるというトレーダー向きでもあります。

スイングトレーダー:  これはもしあなたが自分の口座を数日間の間観察し続けることが出来るならば、初心者トレーダーに対してより適した方法です。これはトレーダーにとって少ない数のよいトレードを設定する機会であり、それはまだ学習中のトレーダーにとってはとてもいい方法です。もしあなたが長期的な取引を行い、市場の振れから利益を得ようと考えるならば、口座に十分な資金をいれておいて、決済時に損失を被るタイミングでブローカーからマージンコールを受けることがないようにすることを確認してください。

ポジショントレーダー:  これはリサーチの時間はあるが取引を観察しつづける時間がないトレーダーの為のものです。この方法は長い時間通勤をして、その間にリサーチが出来る人に向いています。マイナス面としては、多くの場合多くの資金を口座に塩漬けにしておく必要があることがあります。

この取引方法では、ファンダメンタルが重要で、テクニカルの側面はありません。なぜならば、この取引方法は主要なトレンドに従うことであって、通貨の小さな変動に従うことではないからです。あなたは少しの間市場があなたの思う方向と逆にいうことに対して忍耐を持たなくてはなりません。またあなたはこの一時的損失に耐えられるだけの大きな資金を持っていなくてはなりません。スウィングトレーダと同じように、マージンコールがあなたを間違った場所で決済させないように口座に十分なマージンを用意しておいてください。

いつ取引の時間を設けるか?

どのトレーダーも自分の好む通貨ペアがあり、取引する市場の好みも異なります。市場は5日間の平日中、決まった時間に開いています。その為、あなたの取引タイプと戦略を市場に合わせる必要があります。日本の人にとって最もよい時間は午後4時から10時です。そうすれば東京セッションの終わり、ロンドンセッションの始めに取引し、ニューヨークセッションの開始に準備出来るからです。市場の変動が最も大きい時にトレーダーは成功します。そしてこの時間が取引日の最も変動が大きい時間です。

なぜFX取引を行うのか?あなたの取引の目標は何か?

あることを何でしたいのかという理由は、向上の動機になり、また困難に直面した際に私達がパニックに陥らないようにしてくれます。どうしてそれを成し遂げたいかという理由が多ければ多いほど、より成功する可能性は高くなるでしょう。

取引計画を実行する

前向きな習慣を育む

取引日にあなたが拠り所にする前向きな習慣を育むことは大切なことです。これらは私達が心理状態を正しい状態に維持し、出来る限りの最良の取引を行うために必要なことです。うまくいっている取引というのは昨日利益を上げるのに役に立ったことを、感情に邪魔されることなく繰り返していることに他なりません。

あなたにとってうまくいく取引戦略を知る

あなたは取引戦略を持っていなくてはなりません。これは取引のエントリーと決済の為の計画のことです。このような取引計画が、あなたがどのように取引にエントリーするかどのようなパターンで取引を行い、どのような時間・どのような日に取引を実行するかを決めます。私達は学習セクションに、多くの戦略に関する記事があります。それなので、ここでは詳細を述べないようにします。

資金とリスクの管理

資金とリスクの管理は 全てのうまくいっている取引計画の基礎です。リスク管理は取引エントリールール・決済ルール・ポジションサイズ・リスクリワードレシオと関係があります。資金管理は3つの部分に分かれます。

  • 第一に、取るリスクの計画を立てます。これはある一つのポジションについてどれだけのリスクを取るかということです。これはどれくらいリスクに耐えられるかという個人の嗜好によりますが、一般的に取引資本の1~2%以上を晒さないようにすることが推奨されます。
  • 次にストップロスを管理します。これは分析が間違っていた時に取引から退出する為の方法です。
  • 最後に、分散が必要です。これは相関する通貨ペアを取引した結果一つの取引の比重が意図せずして過剰に高くならないことを保証し、リスクが分散していることを保証することです。

取引計画の調整

取引計画の微調整は重要です。これにはバックテストとフォワードテストを含みます。そのことで、あなたは自分の戦略に対する期待値を把握し、あなたの取引パフォーマンスを記録できるようにします。これはあなたの戦略を必要な際に調整することを助けます。取引計画の中でもこれをすることは、あなたの事業が長く続くために不可欠なことです。なぜならば、市場について唯一変わらないことは、市場が常に変わらないということだけだからです。その為にあなたは戦略を調整し、たまに更新する必要があります。

あなたが取引の為に使える時間によりますが、取引計画を3-6か月毎に見直すことをお勧めします。もしあなたがより経験豊かだと思うならば、より短い時間軸での取引から始め、取引する通貨ペアを増やしたいと思うでしょう。あなたが取引計画を更新するか否かに関わらず、あなたは常に実際が計画通りかどうか継続的に見直す必要があります。

 

X