テクニカル分析の初歩を学ぼうと思った人は必ずダウ理論の紹介にたどり着くでしょう。現在、ダウ理論はテクニカル分析を知るための全ての基礎です。ダウ理論は一般的な法則と原理のセットのことであり、市場における様々な価格変化に対してあなたがアクションを取る為の助けになります。

チャールズ・H・ダウがダウ理論を見出したのは19世紀のことで、はじめは株価の動きを説明する為に使われました。しかし、ダウ理論は市場の方向性についての理解の確立に役立つ為、これは他のFX等の他の資産クラスにも使える汎用的なツールとなりました。

ダウ理論はダウ平均株価とダウジョーンズ輸送株平均を比較します。これは私達がテクニカル的に上昇市場にいるのかテクニカル的に下降市場にいるのかを明らかにします。市場がテクニカル的に上昇市場なのか下降市場なのかを確認するには、そのダウ平均株価のトレンドはダウジョーンズ輸送株平均のトレンドと一致している必要があります。

ダウ理論の基本的な思想は、市場の健康性についての一般的な指標となることです。トレーダーにとって、ダウ理論は市場の動きを把握する為のよい入り口となります。このいくつかの基礎原理に基づいて、トレーダーは取引機会がどこにあるのかを見つけることが出来ます。下記に記したのはダウ理論の6つの原理です。

  1. 価格は全ての事象を織り込む
  2. 価格には3つのトレンドがある
  3. トレンドには3つの段階がある
  4. 平均値はお互いに確認されないとならない
  5. トレンドは出来高でも確認されないとならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが見られるまでは継続する

価格は全ての事象を織り込む

ダウ理論では、全ての知りうる情報はすでに価格によると織り込まれているとされます。その為、ニュースは織り込まれており、唯一残った価格に対して影響を与える要素は人間の感情だけとされます。

ダウ理論は、私達は人間の感情だけを見ればよく、統計データではないということを示唆します。その為、価格変動の分析というのは、ただの人間の感情の反映ということになります。

市場には3つのトレンドがある

ダウ理論では市場には3つの重要なトレンドがあるとします。上昇トレンドは継続して継続して高くなる安値の後に継続して高くなる高値が続くこととして定義されます。逆に下降トレンドは継続して低くなる安値の後に継続して低くなる高値が続くこととして定義されます。

  1. 主トレンド
  2. 第二トレンドもしくは中間トレンド
  3. 小トレンドもしくは日次変動

主トレンドは一般的に1から3年継続します。これは第二トレンドと小トレンドに影響がある為に最も重要なものです。

第二トレンドは一般的に3週間から3ヶ月継続し、主トレンドとは逆の方向に動きます。

小トレンドは一般的に3週間未満の期間継続します。小トレンドと第二トレンドの関係は、中間トレンドと主トレンドとの関係と同じです。

GBP/USD 日足チャート

トレンドには3つの段階がある

一つのトレンドには以下の3つの段階があります:

  • 蓄積の段階.
  • 一般参加の段階
  • 分散の段階

EUR/USD チャート

蓄積の段階は上昇市場の最初の段階で、最も賢明なトレーダーがスマートに買いをいれている段階です。一般的に、蓄積の段階は下降トレンドの最後に現れ、極端にネガティブな雰囲気に特徴があります。

価格チャート上では、蓄積の段階は市場の集中化に特徴があります。

一般参加の段階は、価格が急速に動くときに現れます。これはほとんどのトレンドフォロワーが参加する段階で、最も長く継続し、最も大きな価格変動を見せます。

分散の段階は下降市場の最初の段階で、最も賢明なトレーダーがスマートに売りを入れている段階です。これは蓄積の段階の反対で、楽観的な雰囲気と今までよりもよく見えるファンダメンタルデータに特徴があります。

平均値はお互いに確認されないとならない

この原理が述べるのは、関連するペアでは全体的な方向性はお互いに同じでないとならないということです。例えば、EUR/USDが上昇トレンドの時、私達はGBP/USDトレンドも上昇していないとならないということです。しかし、もしGBP/USDがEUR/USDと同じトレンドが見られない場合には、そこに分離があり、何かがおかしいのです。それはトレンドに大きな変化がもうすぐ訪れるシグナルかもしれません。

EUR/USD と GBP/USD の日足チャート

トレンドは出来高でも確認されないとならない

ダウ理論によると、出来高も主トレンドと同じ方向に動きます。もし上昇トレンドにいる場合、買いの出来高が多くなるはずです。そしてもし下降トレンドにいる場合、売りの出来高が多くなるはずです。出来高が小さいことは弱いトレンドを意味します。

トレンドは明確な転換シグナルが見られるまでは継続する

ダウ理論によると、トレンドは反転を生ずる主要なイベントが起きるまでは継続すると想定されます。

移動する物体は何か方向に変化を与える外部の力が働くまで動き続けるという物理法則のように考えられます。

トレーダーはトレードが反転したという明確なシグナルがあるまでは、全体的な方向性に沿って取引をするべきです。

結論

ダウ理論を理解することで、あなたはテクニカル分析をよく理解し、よいトレーダーになることが出来ます。これらの原理は非常に基礎的ですが、トレーダーにどのように市場で取引をするかについての強力な基礎を提供します。これらの原則はトレーダーに従うべきルールを与え、新米トレーダーが取引から感情を取り除くことを手助けします。

X