エクイティとマージンとは何か?

前の文章、ロットとレバレッジとは何か  で、レバレッジを通じて、あなたはあなたの口座にあるエクイティよりも非常に大きな金額をコントロールできることを述べました。ここではどのようにそれを行うかを説明します。

一般的に、もしあるものの価格が1万ドルならば、あなたは1万ドル払う必要があります。これは常識でしょう。しかしFX市場で取引する際に、あなたは購入しようとするものに必要な全ての金額を払う必要はありません。あなたが入金すべき金額は、潜在的な損失をカバーするだけの金額だけです。この入金のことをマージンと呼びます。



マージンはFX通貨市場において、ポジションを開き、維持する為に必要な入金額です。これは手数料や取引コストではなく、取引を開始する為の入金額として口座バランスの一部が割り当てられているだけです。

マージンはレバレッジによって何倍にも拡大され、ロットサイズとなります。マージンはあなたの取引口座から来る本当のお金です。

例えば、もしあなたが1マイクロロットもしくは0.1ロットを取引したいとします。これらは1000米ドルと同額です。そしてあなたのFXブローカーが50:1のレバレッジを提供しているとします。この1マイクロロットを動かそうと思えば、あなたは約20米ドルのマージンをあなたの口座から出す必要があります。

マージンはあなたが取引で利益を出しても損失を出しても元に戻されます。

 どのようにマージンを計算するか

必要なマージンはあなたのブローカーが提供するレバレッジと一致します。取引を開始する為に必要なマージンはポジション全額に対するパーセンテージとしても表現されます。

1: A 50:1 レバレッジ率の場合、必要マージンは 1/50 = 0.02 = 2%.

2: A 100:1 レバレッジ率の場合、必要マージンは 1/100= 0.01 = 1%.

あなたのブローカー入金を要求する必要マージンを計算するには、下記の公式を使ってください

必要マージン = 契約サイズ x ロットサイズ x 価格 / レバレッジ

下記の例を考えてみましょう。

  • EUR/USD を市場価格1.2200で買い
  • 契約サイズ = 10,000
  • ロットサイズ = 2
  • 口座レバレッジ = 1:50

つまり、ポジションを開く為に、あなたは488米ドルを証拠金として口座に入れておく必要があるということです。もしそうでなければ、マージン不足として注文は拒否されます。

エクイティとは何か?

FX取引におけるエクイティとは口座残高に、あなたの未決済ポジションの未実現の利益もしくは損失を合計したものです。口座のエクイティとは、口座内の資金全体の事をさします。

フリーマージンとは何か?

フリーマージンとは取引口座にある資金で、新しいポジションを開くのに利用可能な資金のことを指します。フリーマージンは、下記の公式で計算されます。

下記の条件でエントリーしようとしているという例を考えてみましょう。

  • 残高 =$10,000
  • レバレッジ=1:50
  • マージン= 2%
  • EUR/USD を 1.2200 の価格で、ロットサイズ 0.1で買い

この取引に必要なマージンは以下のように計算されます。

この取引にエントリーした後、EUR/USD交換レートが1.2100に下落したとすると、あなたは 100 pips の損失、つまり100米ドル分の損失を被ります。

しかし、もし取引にエントリーした後、EUR/USD交換レートが上昇して1.2300になると、あなたは100pipの利益、つまり100米ドル分の利益を得ます。

FX市場において、決済を行うまで、変動PnLが未実現の損失もしくは利益を表します。取引が継続中の時に表示される利益か損失は未実現PnLです。取引がオープンの時には未実現の利益か損失しか議論できません。取引を決済して初めて利益か損失は実現するのです。

マージンコール

マージンコールとは、口座内のマージンが底をついて、トレーダーが追加で資金を投入するかポジション決済することを迫られる状況のことを指します。

一般的に、口座エクイティが必要マージンを下回ると、全ての未決済ポジションはブローカーによって決済されます。他のブローカーはトレーダーがその前に全てのポジションを決済できるようにあなたにマージン警告を送ります。

Trading Forex and CFDs is not suitable for all investors and comes with a high risk of losing money rapidly due to leverage. 75-90% of retail investors lose money trading these products. You should consider whether you understand how CFDs work and whether you can afford to take the high risk of losing your money.